ひとりぼっちは寂しいブログ

スマブラ/アニメ/スプラ/格ゲー/その他諸々/Twitter @song1000

僕がスマブラをする理由?

 

 

2014年、9月13日。その日、僕はパックマンを使っていた。

そう、何を隠そう大乱闘スマッシュブラザーズfor3DSの発売日である。

 

Mr.G&W(以下G&W)は使わないと何となく決めていた僕は、新たなメインを模索するべくひとまずいろんなキャラを触ってみるもののどれもしっくり来ない。その中で一番マシだったのはパックマンだった。

そこそこ楽しく2日くらい使い、意気揚々とからいば宅へ向かうが総当たりで余裕で負け越し早々とパックマン引退。ロゼッタ使いへ移行する。

ロゼッタはビジュアルも良く、強キャラ、かつチコの操作が楽しいという非常に恵まれたキャラクターで割と様々なプレイヤーが好んで使っていた(Rain、ikepなど)。チコを操ることに終始し過ぎて本体をタコ殴りにされることも多かったが、意外と長く使っていたと思う。3DS時代はロゼッタ使いとして過ごした。

 

そして12月6日、forWiiUが発売された。

海外ではfor3DSの発売が2,3週間遅い代わりにforWiiUの発売が2,3週間早く、日本はその逆だったので、指を加えて3DSを操作する何週間かが辛かった。

いざ発売してみるとやはりGCコンは素晴らしいコントローラーなんだと再確認。思うようにキャラが動いてくれて、それだけで嬉しい気持ちになったものだ。

 

forWiiUが発売されてからしばらく経ったある日、きるをさんから「ゲムヲ強いから使ってみない?」とメッセージ。しかし僕も元G&W使い(Xメイン)の端くれ、今作の弱さはわかってたつもりでいた。(下投げから火力は稼げても結局バーストできないんじゃ意味ないなあ…)と思ってた矢先の下投げ空上の発見。「のってぃーさんが見つけたんだよ!これ強いでしょ!」と控えめにはしゃぐきるをさんが今も忘れられない。

下投げ空上を携えたきるをそんぐんは第1期スマメイトをそこそこの恐怖に陥れ、揃って23位24位とそこそこいい結果を残した。

f:id:song1000:20180104174838p:plain

この後は完全にG&Wメインとなり、オフ大会でも段々名前を知られていくことになる。

 

特に目立ったのは、スーパースマバトBest4とウメブラ18Best8か。ウメブラの方は当時絶頂期(画像を見ればどれくらい絶頂だったかわかるだろう)だったRainさんを倒し、一桁に食い込めたのは自分のスマブラ史上でも1,2を争う大きな出来事だった。

f:id:song1000:20180104174800p:plain

相当なupsetだったのでめちゃくちゃ嬉しかった覚えがある。この頃はBest12も2,3回取っていてむしろ僕も絶頂期だっただろう。

しかしその後低迷が続き、ベスト24や32、果ては48も取るようになってしまい、これをキャラのせい、つまりG&Wがみんなにバレてしまったせいだと考えた馬鹿な僕、ここから長き迷走の日々が始まる。

 

クラウドやシーク、ディディーを使ってみて適当な大会に出してみたり、マリオをメインにすると言い始め9か月くらいマリオばかり使ってみたり、最近ではシークメインにすると意気込んで大会でずっと使っていたり。

だが、一切合切勝てなかった。

自分の才能を信じて疑わなかった、と言ったら嘘になる。僕は自分の才能を信じ続けたかった。G&Wで勝っていたんだから、もっとキャラランクが高いキャラを使えばもっと勝てるに違いない。そんな驕りが僕の思考を支配していた。支配し続けていた。

それはもう自己欺瞞の域まで達していた。僕は僕に長らく騙され続けていたのだ。

事実、僕の他キャラはいつまで経っても"メイン"の動きになってはくれなかったのだ。

それは何故か。答えは簡単で僕のメインキャラはG&Wだから。どんなキャラを使っても心の深淵ではそれを考えてしまっていた。これはもう致し方ないことで、僕はおそらくDNAレベルでG&W使いなのだ。

 

いい加減、この果ての無いキャラ替えループに終止符を打つべく書き出したこのブログ。

ここに宣言する。もう本当にG&Wしか使わない。ソニックロゼッタとチームは除く!!!)

実は今までこういう風に使用キャラを明言するのを極力避けてきた。いろんなキャラを使って楽したいからだ。他のキャラを使うのは技術的にというより精神的に楽な場面が多かった。メインじゃないキャラにはあまりプライドをかけていないから。その甘さこそが弱さを生んでいたに違いない。そう結論付けた。

 

理由は他にもある。

これは自分がスマブラをしている意味と直結する話になる。

みんなはどういう理由でスマブラをやっているだろうか?

あまり書きたくはない人もいるかもしれない。例えば僕がそうだ。

僕は完全に自己承認欲求を満たすためにスマブラをしている。他の理由はいくつかあれど根底にある理由はそれだ、それでしかない。つまるところ応援されないと嫌なのだ。でもG&W以外を使っている僕に一切の価値はない、弱い上、魅せるプレイが出来るわけでもない。しかしG&Wを使っているときの僕は、スマブラ界隈に1mmくらいは必要とされている気がする。G&W使いという狭い世界でなら1,2を争える力があるからだ。

ぶっちゃけ自分はそれをしょうもない、なんの意味もないと思ってきた。他にも思っていた人、思っている人はいるだろう。そんな弱いキャラで一番強いからって何なの、と。どうせ優勝できないんだから、と。

確かに、勝つことがスマブラを続ける理由だという人はそう思うのが当たり前で、かくいう僕も前からそう思ってきたが、最近その考えが変わってきた。

理由の一つは前述したとおり、自己承認欲求を満たすためにスマブラをやっているということを認め始め、強キャラを使うよりG&Wを使う方が欲求を満たすためにはより現実的だから。そしてもう一つは世界で活躍する様々な中堅キャラの全一が純粋にカッコイイから。海外勢ではElegantやFatality、日本でもらない、しゅーとん、T、かめめ、HIKARU、つーなど、全一のプレイを見るのは本当にワクワクする。今名前を挙げた人たちの1/10でも1/100でも1/1000だっていい、僕がG&Wを使うことによってそんなワクワクを誰かに届けられたら嬉しいと心から思う。もちろんこれも自己承認欲求を満たすためにもなり、WinWinの関係になれるのではないだろうか。

 

自分にとって、強キャラを使うことから逃げるのはすなわち自分のコンプレックスと向き合うことと似た意味を持っている。G&W、というかその他中堅キャラもそうだがそれを使うにあたってどうしても気持ちに折り合いをつけないとやっていけない部分がある。泣きたくなることも投げ出したくなることもあるだろう。しかし敢然と立ち向かわなければならない。どんなキャラにも限界はあって、どんな人にだって治しようもない短所はある。ただその限界点や短所の種類や数がキャラごと、人ごとに違う、それだけの話なのだ。

 

 

 

感情のままにキーボードを叩いているため、話の着地点も終着点もわからない。そもそも支離滅裂な文章だと思う。それでもいい。僕はこのブログを更新する。

2018年も応援よろしく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが、去年、初々しい妹を買いました。よかったです。