ひとりぼっちは寂しいブログ

スマブラ/アニメ/スプラ/格ゲー/その他諸々/Twitter @song1000

少女不十分 読んだよ

 

少女不十分 著:西尾維新

 

f:id:song1000:20160522200439j:plain

異様な不気味さを纏う表紙。

僕は西尾維新物語シリーズめだかボックスでしか知らないが、冒頭から異質だと分かる。小説ではなく、自伝なのだ。

それにしても僕は西尾維新が好きだ。回りくどい、くどくどねちねちとした描写が好きだ。この人の本の特徴にあげられる、無駄話が長すぎる、というところが僕は好きなのだ。トリビアの泉にも出せないような無駄知識や、長ったらしく意味のない描写。全てが好き。

というわけで、そんな西尾維新作品の中でもとりわけ無駄話や無駄描写が多いこの本は僕の暇つぶしにぴったり。序盤は本当に物語が一切動かない。中盤ものろのろとした展開で、終盤に至ってもガラリと動くとは言い難い。

明らかに人に勧め辛い。どう足掻いても西尾維新が好きな人のための西尾維新作品。でもそれがいい。僕は西尾維新信者だから…。

 

西尾維新が大好きで大好きでたまらないという人にのみ勧める。逆に、その条件に当てはまる人は読まないと損だ。クライマックスはドラマチック。

ちなみに主な登場人物は、主人公と少女の2人だけ。