ひとりぼっちは寂しいブログ

スマブラ/アニメ/スプラ/格ゲー/その他諸々/Twitter @song1000

すまぶら で あそぼ

 

 

 僕の今までのスマブラを振り返っても何ひとつ面白くないことが判明したので路線を急変更し、僕たち身内で考えた完全にオリジナルな新しいスマブラの遊びを大発表しちゃいま~す!基本、通話ありでやるように出来てます!

 

 

 

 

スマブラポーカー

3~4人用

ポーカーは配られたカードを見て勝負に乗るか降りるかを決めるところを、このスマブラポーカーではランダムで出たキャラを見て勝負に乗るか降りるかを決める。みんながスマブラのランダムでキャラを決めて対戦画面に進んでしまうとそのまま試合が始まってしまうので1人以上は抽選王でキャラを決めよう。

自分のキャラを見てからは本当にポーカーと同じように自分の持っているコインを掛け合い、コールやレイズ、ドロップを駆使し読み合いをする。ポーカーと違う点は、場で勝負をするのが最後の2人、もしくは1人(1人になった場合はポーカーと同じく単純にコインを総取り)になるまで続けることと、2人になった場合は1ストタイマンの始まりで、それに勝った方がコインを総取り出来ること。

ポーカーではカードの強さでそのまま勝負が決まってしまうが、スマブラポーカーではキャラの強さ+対戦の強さの2つで戦うのでよりスリリングなゲームが楽しめる。

ポーカーを知らない人はポーカーのルールをググってみてね。(ポーカーのルールの説明は流石に面倒)多分すぐ出来る。

 

 

 

スマブラ人狼

4人用

こちらが今回の企画の大本命スマブラ人狼スマブラポーカーも面白いしいいルールだと思うが、たぶんこっちのゲームの方がウケがいい。

このゲームの難点は2つだけ。下準備がそこそこ面倒なこととネーミングが微妙なところ。騙すということ以外に人狼要素がないのにこのネーミングになったのはきっとこの時期に自分たちの中で人狼が流行っていたからだろう。

 

~ルール説明~

 

下準備編

 1.WiiU本体の名前を4人で統一する 例:ぼくじょうものがたり

 2.フレンド画面に出る一言欄なども統一する

 3.自分のキーコンで「1」「2」「3」「4」と4つ名前を作る

ここまで出来てようやく開始。

 

本番

 1.まずはキャラを決める これは抽選王でも話し合いでもなんでも良い

 2-1.誰かが無言で部屋を立て、部屋が立ったらその部屋に無言で入る もちろんみんな名前が同じなので誰が立てたかも誰がいつ入ったかもわからない もし部屋がいくつか出来てしまっていたら声をかけ、また部屋立てからやり直す 

 2-2.この際に、部屋立てした人は「1」、2番目に入った人は「2」というように1,2,3,4のキーコンを揃える。

 2-3.そしてあらかじめ決めておいたキャラを選択し、キーコンの数字の分だけXボタンを押してカラーチェンジをする

 2-4.それが済み次第、ステージを適当に選択し対戦画面へ進む このときに通話を全員ミュートにする

 3.2ストックで乱闘を行う。負けても最後までミュートを解除せずに観戦する

 4-1.乱闘が終わり次第、ミュートを解除し30秒ほどのシンキングタイムののちに、どの数字のキャラがどの人なのかを考え一斉にチャットで予想を発表する 例:自分が「3」を操作していた場合、「1」KEN 「2」HIKARU「4」かめめ

 4-2.ネタ晴らし&答え合わせ 予想を一人当てるにつき1点 乱闘の1位には+1点

 5.これを1から繰り返す 誰かが15点に到達したら終わりとかにしてもいいし、適当なタイミングで終えても良い 一番点数が高かった人が勝ち

 

とっつきにくいルールかもしれないが、相当面白いのでおすすめ。乱闘自体も楽しいし、そこからどれが誰だか推理するのも楽しいし、上手く立ち回りで自分を自分じゃない人に見せかけられたら楽しい。さらに、「あの行動が多いからあいつだな…」とか「自分はこの行動が多いからなるべく控えてバレないようにしよう…」と思えるので立ち回りの矯正にもなるかもしれない。僕は最初はあまりにも崖外追撃と掴みが多すぎてバレまくった。かと言って当てる側も簡単ではなく、ちゃんと対戦しながら考えなきゃいけないため頭をフルに回転させなくてはいけない。あと、乱闘が終わってミュートを解除した瞬間、ほぼ全員が「まあ余裕で勝っちゃいましたね」みたいな空気を纏いながら会話が始まるところも笑える。

初めましての人たちでやるゲームではないけれど、ある程度仲が良かったり相当よく対戦する人たちで遊ぶと本当に面白い。みんなこのルールで遊んで僕に感想やルールの見直し案をくれ。

 

最後に、

スマブラ人狼の、もっとしっくり来るネーミングを募集してるんでどしどしご応募ください。