ひとりぼっちは寂しいブログ

スマブラ/アニメ/スプラ/格ゲー/その他諸々/Twitter @song1000

美の庵&ヒロスマ6レポ

 

ヒロスマ6 ベスト6

 

6/3に行われた広島の大会、ヒロスマに初参戦。前日がバイトだったため、始発の新幹線で会場入り。広島駅から電車ですぐのところに会場があるのは強い。結局少し遅れてしまったものの何とか予選の開始には間に合い、ほっと一息。

 

予選

ほぼゲッチ固定 全勝

 

のじんこアイク

案の定ずらされて困った。

ロゼッタ

唯一シーク使用。

咲樹サムス

グラップとDAの緩急が絶妙。

さマック

空後に対して必ず反確取ってきて上手かった。ライラットの闇に飲まれていった。

っしょうゆドンキー

対策してないと一方的になるカード…。

しゅがみゲッチ

1スト目、風圧で闇のバーストしたのがラッキー。

せんのりQサムス

チャージショットを嫌らしいタイミングで撃ってくる。

 

昼はきぃくまーに囲われて激こみの丸亀製麺へ。先にチェーン店でうどんを食べておいて最強のうどん屋"美の庵"と比べる寸法で、結果から言えばそれは吉と出た。

 

 

本戦

1位なのでシード。ほぼゲッチ使用。

 

 

勝者側2回戦 ともちゃんメタナイト 2-0

1戦目は難なく勝利したが、2戦目の村街は危険過ぎて震えた。

 

勝者側3回戦 ソルベディディー 2-0

ゲッチは本当にわからなそうで割とやりたい放題出来た。空前を一発当ててからの展開作りが上手。

 

勝者側4回戦 まっつんクラウド 2-1

勝因はリミット技を何とか回避することが出来たことか。立ち回りが本当に上手く、若さ&センスを感じて嫉妬。強かった。

 

勝者側5回戦 HIDEソニック 2-1

ソニックなのでディディー使用、3戦とも完五分な展開。空後の当て勘が良く、フリップも絶対に通してくれないので自然とじりじりとした対戦になった。ここ最近で一番嬉しい勝ちだったかもしれない。またどこかで試合したい。

 

勝者側準決勝 らないむらびと 0-2

実は1年かもっと前にウメブラの本戦で一度だけ当たったことがあり、そのときに相当追い詰めた記憶が残っていたため、自分が成長した今勝てるんじゃないかと淡い希望を抱いていた…、が。自分が成長した分のさらに倍くらい向こうが成長していて正直手も足も出なかった。反確の取り方と間合い管理が素晴らしすぎる。めちゃくちゃ悔しかったのでもっと大会で当たって対戦したい!

 

敗者側準々決勝 9Bベヨネッタ 1-2

優勝を常に狙ってるスマブラーとしては負けた対戦で満足してはいけないのだが、9Bさんとの対戦は面白すぎた。フリー対戦だったら終始笑顔だったと思う。コンボ間合い管理反確どれもレベルの高いベヨで強かった。

 

最近大会の成績が出てきてゲッチも上り調子なのでそこそこ嬉しいが、もっと上の順位を取りたい。いつも後1,2歩足りない。ただ、少し前までは4歩も5歩も遠い成績ばかり取っていたのでいい傾向にあることは間違いない。この状態を維持だけでなく、さらに向上させていきたみがある。優勝したみある~。

それとヒロスマではしゅがみさん、ラガリータさん、はっすあんさんというゲッチ使いが3人もいて、自分が対戦するたびに後ろについて応援してくれてvery嬉しかった。ありがとう!ウメブラで見てくれているkazuほーずきにもいつも感謝!

 

らないVSしゅーとんの決勝戦では完全に会場が修羅ブラinヒロスマと化しててガヤ祭りに。基本的には面白いことを言いながら、しかし時には真面目に観戦してる修羅勢が面白い。らないしゅーとんのレベルの高さも相まって会場は大盛り上がり!

しゅーとん優勝おめでとう!

 

サブイベは相方ランダムチームモンガチさん(ベヨクラ使い)とペアに。

なんちゃんわつき、かろえぐしぇあ、さ9Bというなかなか強いチームたちをなんとか倒してたらいつの間にか決勝に。そしてHIDEあーすにボコられてしまい結果は準優勝

モンガチさん改めてありがとう!楽しかった。

 

夜ご飯は美味しい島風お好み焼きをラグネルすいのこかろえぐと食し、そのままラグネル宅へ。疲れていたのでスマブラもせずに誰よりも真っ先に寝てしまったのが少し恥ずかしい…。


f:id:song1000:20170606081312j:image

 

 

次の日、朝起きてからは同じ部屋のガウルほにやきぃくまーアレックスとタイマンやら負けぬけやらチームをしたり、下の階にいる修羅勢のなんちゃんわっくすえんぴつとチームして遊んだ。

 

そして…昼。ここからがヒロスマ最大のメインイベント、"美の庵"である。

ずっと楽しみにしてた上に何度でも来れるわけではないので大盛りにするのではなく別の種類のうどんをもう一杯、つまり二杯分のうどんを頼む凶行に走る。頼んだのはラグネル氏おすすめ2トップの"もみじ豚のつけ汁うどん""月見山芋うどん"
f:id:song1000:20170606081351j:image

うどんが席に運ばれるまでの時間が無限にも思えた。"もみじ豚のつけ汁うどん"、まずは麺をそのまま食べてみろとおすすめされたのでつるりと一口。コシがしっかりしていて食べ応え抜群な麺、甘さも感じる。なるほどこれは何も付けずにも食べれるわけだと納得。そしていよいよつけ汁にうどんを投下、実食。「ああこれはやばい。語彙力を失ってしまう。」そう思ったきり箸が止まらなくなってしまった。暖かい汁と冷たい麺というのはいつだってベストフレンド。遥か太古から最高のパートナーなのだ。コシのある100点の麺、暖かく程よい味付けの100点のつけ汁、ジューシーだが主張しすぎない100点のもみじ豚、つけ汁と麺に最高に合う100点のごぼう天、おまけに激うまな甘さの100点の半熟卵。今これを書いている瞬間にもよだれが出てきそうだ。というか出ている。そしてしょうがなどの薬味を入れて食べていると、いつの間にやら忽然と姿を消してしまった"もみじ豚のつけ汁うどん"を尻目に次の標的である"月見山芋うどん"に箸を伸ばす。麺と卵ととろろと海苔、そして出汁を全体にかけたら満遍なくゆっくりとかき混ぜる。まるでホットケーキ作りかのように泡立つ卵ととろろ。いただきます。つるつるり。「全く考えていなかったが、食べる順番は大正解だった。」そう、この"月見山芋うどん"、あまりにも食べやすいのだ。先ほどのうどんをつけ麺だとするとこちらはそうめん、うどん自体は一緒のはずなのに味と食べやすさにここまで違いが出るとは。驚きながらもやはり箸が止まらない。流れるように口の中へ運ばれていくので本当にあっという間に食べ終わってしまい、薬味を入れる瞬間すら訪れなかった。おそろしや"月見山芋うどん"。

夢でも見てるかのような美味さのうどんだった。参った、"美の庵"。いつの日かまた食べに来るよ。

 

その後、はっすあんさんやかの有名なルドルフさんがラグネル宅へ参戦。みんなとタイマンを回したのち、少しDXをやることに。全シリーズ出来るくろうささんはもちろん、ラグネルさんもマルスをちゃんと動かせててすごかった。自分やはっすあんさんも触らせてもらったが難しすぎて笑ってた。DXのゲッチが弱すぎてさらに笑った。

お世話になったラグネル宅を後にし、くろうさカーではっすあんさんとラグネルさんおすすめのチャーシュー麺を食べに行き、広島駅まで送ってもらい解散


f:id:song1000:20170606081407j:image

 

今回何から何までお世話になったラグネルさん、そして帰りに車で送っていってくれたくろうささん本当にありがとうございました!

そしてヒロスマで話したりフリーしてくれた人、ラグネル宅で話したりスマブラしてくれた人、みなさんありがとうございました。楽しかったです!また話しましょう!